Clinical Neuroscience Vol.36 (18年) 12月号

Clinical Neuroscience Vol.36 (18年) 12月号

腹側線条体とは?

 

著者名:

出版社:中外医学社

出版年月:2018年12月


雑誌 新刊

雑誌コード:-

数量

価格:¥2,916(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

メインテーマ
腹側線条体とは?

腹側線条体の総論と基礎
1398 腹側線条体の基礎概念  設楽宗孝
1403 腹側線条体の解剖学  小林 靖
1408 局所回路とシナプトロジー:側坐核におけるシナプス伝達とその可塑的変化  籾山俊彦
1411 動機付けと腹側線条体  阿部欣史 他
1415 匂い行動と腹側線条体:嗅結節の構造と機能  山口正洋
1418 嗅球に投射する前脳基底部コリン作動性ニューロンの働き  内田さえ
1421 ストレスによる脳組織リモデリング:神経形態変化と炎症反応  永井裕崇 他
1425 物体認知における側坐核の役割  松本惇平 他
1429 道具使用訓練による側坐核の変化とその役割  山㟢由美子 他
1433 睡眠調節における役割  裏出良博
1437 薬物依存の分子機構  舩田正彦

腹側線条体の臨床
1441 前脳基底部損傷とその診察:前脳基底部損傷の神経心理学的診察  堀内惠美子 他
1446 前脳基底部健忘症の高解像度MRI所見:前交通動脈瘤術後健忘症を中心に  麦倉俊司 他
1451 エピソード記憶における時間と前脳基底部  月浦 崇
1454 慢性腰痛と側坐核  渡邉和之 他
1457 運動による鎮痛(exercise—induced hypoalgesia)と側坐核  仙波恵美子
1461 うつ症状における側坐核の役割と新規抗うつ薬の作用機序  橋本謙二
1464 認知症のコリン神経系イメージング  篠遠 仁
1468 認知症におけるアセチルコリン神経伝達の変化とその治療  互 健二 他
1472 パーキンソン病における変化と治療  野元正弘
1475 睡眠障害における辺縁系,側坐核の役割  鈴木圭輔 他
1480 薬物依存における側坐核の変化と治療戦略  宮田久嗣
1484 ギャンブル依存における腹側線条体の変化と治療戦略  高橋英彦

●連載
1382 神経解剖学の見方,考え方
 黒質  寺田純雄,小林 靖
1386 医師のための人工知能入門
 深層学習による音声・言語処理(2)音声を「聞き取る」多層人工神経回路  北澤 茂
1388 分子から迫る神経薬理学(編集:櫻井 隆)
 ニューロペプチドY受容体の生理的および薬理的作用  河村菜実子 他
1390 臨床医のための神経病理 再入門
 膠芽腫  山㟢文子 他
1393 融合3次元画像を用いた脳神経外科手術戦略
 聴神経腫瘍  金 太一,齊藤延人
1489 神経疾患治療ノート
 群発頭痛  菊井祥二 他
1492 検査からみる神経疾患
 タッピング  徳重真一
1494 ニューロサイエンスの最新情報
 MR fingerprinting  田岡俊昭
1497 素顔のニューロサイエンティスト
 Edvard Moser & May—Britt Moser  五十嵐 啓
1498 Q&A―神経科学の素朴な疑問
 直立二足歩行はどのようにして可能になったのですか?  荻原直道

1500 バックナンバー

1502 次号予告

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ