がん患者におけるせん妄ガイドライン

がん患者におけるせん妄ガイドライン

 2019年版  

著者名:編 集 日本サイコオンコロジー学会 / 日本がんサポーティブケア学会

出版社:金原出版

出版年月:2019年02月


書籍 新刊

ISBNコード:9784307101967

数量

価格:¥2,198(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

I章 はじめに
 1 ガイドライン作成の経緯と目的
  1.ガイドライン作成の経緯
  2.ガイドラインの目的
 2 ガイドラインの使用上の注意
  1.使用上の注意
  2.構成とインストラクション
 3 エビデンスレベルと推奨の強さ
  1.エビデンスレベル
  2.推奨の強さ
  3.推奨の強さとエビデンスレベルの臨床的意味

II章 総論
 1 がん医療におけるせん妄
  1.せん妄とは何か
  2.がん患者におけるせん妄の頻度
  3.せん妄によるさまざまな影響
  4.がん患者におけるせん妄の特徴
 2 せん妄の評価と診断・分類
  1.せん妄の診断基準
  2.せん妄の分類
  3.鑑別診断
  4.せん妄の原因
  5.せん妄の評価方法
 3 せん妄の病態生理
  1.はじめに
  2.神経伝達物質の変化
  3.アセチルコリン
  4.ドパミン
  5.グルタミン酸
  6.ノルアドレナリン
  7.γ-アミノ酪酸(gamma aminobutyric acid:GABA)
  8.セロトニン
  9.メラトニン
  10.神経炎症
  11.グルココルチコイド
 4 せん妄の治療・ケア
  1.薬物療法
  2.非薬物療法

III章 臨床疑問
 臨床疑問1.がん患者のせん妄には、どのような評価方法があるか?
 臨床疑問2.がん患者のせん妄には、どのような原因(身体的原因・薬剤原因)があるか?
 臨床疑問3.せん妄を有するがん患者に対して、せん妄症状の軽減を目的として抗精神病薬を投与することは推奨されるか?
 臨床疑問4.せん妄を有するがん患者に対して、せん妄症状の軽減を目的としてヒドロキシジンを単独で投与することは推奨されるか?
 臨床疑問5.せん妄を有するがん患者に対して、せん妄症状の軽減を目的としてベンゾジアゼピン系薬を単独で投与することは推奨されるか?
 臨床疑問6.せん妄を有するオピオイド投与中のがん患者に対して、せん妄症状の軽減を目的としてオピオイドを変更すること(スイッチング)は推奨されるか?
 臨床疑問7.せん妄を有するがん患者に対して、せん妄症状の軽減を目的として推奨される非薬物療法にはどのようなものがあるか?
 臨床疑問8.がん患者の終末期のせん妄に対して、せん妄症状の軽減を目的として推奨されるアプローチにはどのようなものがあるか?
 臨床疑問9.せん妄を有するがん患者に対して、家族が望むケアにはどのようなものがあるか?

IV章 資料
 1 ガイドライン作成過程
  1.概要
  2.臨床疑問の設定
  3.システマティックレビュー
  4.妥当性の検証
  5.日本サイコオンコロジー学会、日本がんサポーティブケア学会の承認
 2 文献検索式
 3 今後の検討課題
  1.今回のガイドラインでは、対応しなかったこと
  2.推奨について、今後の検討や新たな研究が必要なこと
 4 用語集

主要な抗精神病薬一覧
患者・家族へのせん妄説明パンフレット
患者・家族へのせん妄説明パンフレット(終末期)
Delirium Rating Scale Revised-98
索引

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ