酸塩基平衡の考えかた      

酸塩基平衡の考えかた      

故(ふる)きを・温(たず)ねて・Stewart

         

著者名:丸山一男

出版社:南江堂

出版年月:2019年03月


書籍 新刊

ISBNコード:9784524255221

数量

価格:¥3,456(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

1章 酸性・アルカリ性の指標
 A 生物が生きるには,適切なpHがある
 B アシドーシスとアルカローシスの定義
2章 血液ガスとアニオンギャップ
 A BE:base excess
 B AG:anion gap
 C tCO2(CO2含量)
3章 正門と通用門
 A ミアとシスをお間違いなきよう
 B 用語の由来:代謝性・呼吸性
 C Henderson-Hasselbalch門
 D Stewart門[SID(強イオン差)門]
 E 単純性か?混合性か?
4章 HendersonとHasselbalch
 A 酸・塩基の定義は何か?
 B 質量作用の法則(law of mass action)
5章 Stewart登場(SID門)
 A HCO3-/pCO2比以外でもpHは計算できる
 B 電解質濃度はH+に影響を与える
 C 強いイオンとは?Na+vs.H+;Cl-vs.HCO3-
 D 中間まとめ:強イオン差の考えかた
 E 再び強イオン差の計算法:Na+-Cl-vs.HCO3-+Alb-+Pi-
 F SIDの計算法の実際
 G まとめ
 H 繰り返しになりますが
6章 読み方いろいろ
 A 4つのアプローチ
 B あくまで総合判断をお忘れなく
 C AGとSID
 D AGとSIDのターゲット
 E 低アルブミン血症のときのAGの補正:補正AG
7章 単純性障害の診断
 A シンプルな酸塩基平衡障害の診断(primaryな変化):Basic
 B 高い?低い?の判断基準
8章 代償はあるか?とりあえずの判断
 A 二次性変化(代償性変化)の有無を判断する:単純性障害に対する代償性変化の有無を評価
 B 代償の有無を予想する
9章 グラフ解析
 A 単純性障害の完全代償を読む:グラフ解析による代償性変化の考えかた-慣れると便利です
 B 完全代償か?混合性障害か?
10章 代償は予測範囲内か?
 A 二次性変化の程度が予測される値かを判定する:advanced
 B 代償の予測の第2ステップ
 C 実測値と代償の予測値の関係
11章 代謝性アシドーシス
 A 代謝性アシドーシスの原因
 B 代謝性アシドーシスの原因の見分けかた:「H+の増加か?」「HCO3-の減少か?」
 C 強イオン差で考える代謝性アシドーシス
12章 重症代謝性アシドーシスの一発診断
 A 代謝性アシドーシスの一発診断
 B BEの存在意義
 C BEとHCO3-の関係:BEはHCO3-の代わりとなるか?
 D BEとは:BEを深く知りたい人のために
13章 代謝性アルカローシス
 A 酸の減少:HClの喪失と低アルブミン
 B 塩基の増加:生理学的立場から,強イオン差から
14章 強イオン差の使いかた
  A 強イオン差(SID)を用いた酸塩基平衡の読みかた
  B 症例
15章 電解質によるHCO3-の変化
16章 Clの問題
 A Na+-Cl-から考える
 B Na+-Cl-を強イオン差(SID)で考える
 C Cl-とHCO3-の関係
17章 混合性障害を疑うとき
 A 混合性障害のパターン
 B 混合性障害(アシドーシスとアルカローシスの同時発生)を読む
 C まとめ:pH正常のパターン
参考文献
索引

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ