トップランナーの感染症外来診療術

トップランナーの感染症外来診療術

 

著者名:編集:羽田野 義郎/北 和也

出版社:医学書院

出版年月:2019年03月


書籍 新刊

ISBNコード:9784260036337

数量

価格:¥4,620(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

まえがき
編者紹介

第1章 これだけは押さえておきたい! 基本疾患の診療
 かぜ
  たかが「かぜ」,されど「かぜ」
 インフルエンザ
  治療はムンテラマイシン,時々抗インフルエンザ薬?
 咽頭炎
  奥の深い咽頭痛,咽頭炎
 副鼻腔炎・中耳炎
  似ているようで違う副鼻腔炎と中耳炎
 気管支炎・肺炎
  両者の線引き,意外と難しいんです
 尿路感染症
  膿尿があれば診断確定?
 下痢症
  感染性腸炎はnon-invasive typeあるいはinvasive typeかの判断が大切
 皮膚軟部組織感染症
  皮膚所見の違い,見分けられますか?
 性感染症
  内科外来にはどんな症状で来るのか?
 白癬
  白癬に対して非専門医ができること
 帯状疱疹
  あなたは皮疹を見る前に診断ができるか?

第2章 ちゃんと診られる? 診断に注意が必要な疾患の診療
 パルボウイルスB19感染症
  どんなときに疑えばいいの?
 伝染性単核球症
  若者たちの情熱のあとさき
 麻疹と風疹
  臨床所見の類似点と相違点
 手足口病
  手足口病は手と足と口だけ?
 水痘
  定期接種化が始まった水痘と成人水痘
 ムンプス(流行性耳下腺炎)
  福は転じて災いとなる
 単純ヘルペスウイルス感染症
  話はそう“単純”ではない
 寄生虫
  無視しちゃいけないムシ(寄生虫)の話
 ダニ
  「ダニに刺された!」あなたならどうする!?
 HIV
  想起で早期診断!
 レプトスピラ症
  目が赤い,鑑別のポイントは?
 熱と皮疹
  鑑別のための6つのフェーズ
 猫ひっかき病
  痛みを伴った限局性リンパ節腫脹,どう考える?

第3章 外来エマージェンシー! 見落としてはならない重要疾患の見極め方
 髄膜炎
  Time is brain here, too.
 胆嚢炎・胆管炎
  近くも遠い胆道感染症(似て非なる胆嚢炎と胆管炎)
 感染性心内膜炎
  感染性心内膜炎は歩いて外来にやってくる
 敗血症
  素早く認識し,確実に対処する!
 椎体炎
  長期間の治療が必要なため,最初が肝心
 化膿性関節炎
  意外と死亡率が高く,関節機能にも影響が…

第4章 退院後が肝心! 長期マネジメントが求められる疾患のフォローの仕方
 結核
  少なくとも2年半はお付き合いしましょう
 非結核性抗酸菌症(NTM症)
  結核よりタチが悪い?

第5章 外来レベルをさらに高めるために知っておきたいこと
 高齢者の診かた
  コモンを制するものが感染症を制す
 子どもの診かた
  劇的な「スゴ技」はないけれど
 妊産婦の診かた
  妊婦・授乳婦さんって何を処方していいの?
 海外渡航者の診かた
  疾患名をあぶり出す3つのポイント
 感染対策
  外来でできる対策は? 診療所,費用,針刺し対策
 外来静注抗菌薬療法
  OPATって何?
 ワクチン
  成人向けキャッチアップ接種

あとがき
索引

COLUMN
 (1)第3世代経口セフェム 吸収率と副作用
 (2)経口カルバペネム
 (3)肺炎球菌ワクチン 最近のトピック
 (4)膀胱炎の第一選択薬は難しい
 (5)ホスホマイシン
 (6)梅毒感染はコンドームで予防できるか?
 (7)疥癬のピットフォール
 (8)だまし取られた意識
 (9)診療所でアンコモンかつself-limitedな感染症を診断する!
 (10)関節の腫れの見分け方
 (11)Infectious Diseases in Primary Careに参加して
 (12)学校保健安全法(保護者から治癒証明書を求められた場合の対応など)
 (13)やろうぜ! 診療所・在宅でのグラム染色!
 (14)感染症法に基づく医師の届出
 (15)在宅で重宝する! 抗菌薬の皮下点滴
 (16)診療所での医療廃棄物の扱いについて

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ