地域言語聴覚療法学

地域言語聴覚療法学

 

著者名:シリーズ監修:藤田 郁代 編集:半田 理恵子/藤田 郁代

出版社:医学書院

出版年月:2019年03月


書籍 新刊

ISBNコード:9784260036375

数量

価格:¥4,320(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

第1章 社会的背景と意義
 1 地域リハビリテーションの社会的背景
 2 地域リハビリテーションの概念
  A わが国の地域リハビリテーション
  B CBR
 3 リハビリテーションの歴史
  A 第一次大戦後~1970年代までの動き
  B 1980年代以降の動き
 4 わが国における社会保障制度の変遷
  A 成人・高齢者を中心とした動き
  B 小児への取り組み
 5 地域リハビリテーションの意義

第2章 成人・高齢者の地域生活を支える
 1 地域言語聴覚療法
  A 地域言語聴覚療法とは
  B 言語聴覚士の役割
  C 地域言語聴覚療法の実際
  D 連携
  E 利用者の特徴
  F 地域言語聴覚療法を提供する制度
  G 地域言語聴覚療法の特徴
 2 地域言語聴覚療法を支えるシステムと制度
  A 地域包括ケアシステムと制度
  B 医療関連のシステムと制度
  C 介護関連のシステムと制度
  D 福祉関連のシステムと制度
  E インフォーマル支援
 3 地域における連携
  A 関連職種と言語聴覚士の役割
  B 連携の種類
  C 連携の原則
 4 地域言語聴覚療法の展開
  A 展開プロセス
  B 情報収集と評価
  C 支援計画および訓練・指導・援助
  D 職種間連携
  E リスク管理
 5 地域言語聴覚療法におけるサービス
  A 地域包括ケアにおける言語聴覚療法
  B 介護予防における言語聴覚療法
  C 外来における言語聴覚療法
  D 通所における言語聴覚療法
  E 入所における言語聴覚療法
  F 在宅における言語聴覚療法
 6 地域言語聴覚療法の実際
  A 失語症
  B 次脳機能障害
  C 摂食嚥下障害
  D 発声発語障害
  E 認知症
  F 聴覚障害
  G 神経難病
  H がん
  I 吃音

第3章 小児の地域生活を支える
 1 発達・教育の支援
  A 基本概念
  B サービスの形態とシステム
  C 連携
  D 展開
 2 支援の実際
  A 乳幼児健康診査における取り組み
  B 外来における取り組み
  C 通所における取り組み
  D 就学後の取り組み
  E 特別支援教育における取り組み
  F 肢体不自由および重症心身障害への取り組み

第4章 災害への対応
 1 災害リハビリテーション
  A 災害リハビリテーションの基本概念
  B 法的根拠と地域連携
  C 災害時における言語聴覚士の役割

第5章 コミュニケーション機器による支援
 1 コミュニケーション機器と種類
  A コミュニケーション機器とは
  B 種類
 2 コミュニケーション機器の導入
  A 適合の原則と方法
  B 機器導入の評価とチームアプローチ
  C 関連する制度

参考図書
索引

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ