原発性肝癌取扱い規約

原発性肝癌取扱い規約

 

著者名:日本肝癌研究会 編

出版社:金原出版

出版年月:2019年03月


書籍 新刊

ISBNコード:9784307203944

数量

価格:¥3,780(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

略語表

総説
I.目的
II.対象
III.記載法の原則

第I部 臨床的事項

A.解剖学的事項
I.肝葉と肝区域
II.リンパ節
 1.肝・胆道のリンパ節
 2.リンパ節群分類
III.胆管

B.画像診断所見
I.占居部位(Image-Lo)
II.腫瘍個数(Image-Number)
III.大きさ(Image-Size)
IV.辺縁(Image-Border)
V.腫瘍内部(Image-Inside)
VI.血管侵襲(Image-V)・胆管侵襲(Image-B)
VII.遠隔臓器転移(Image-M)

C.臨床検査所見
I.肝障害度(liver damage)
II.食道・胃静脈瘤の内視鏡所見(EV)
III.針生検による肝線維化の組織所見(f)

D.肉眼分類
I.肝細胞癌
II.肝内胆管癌(胆管細胞癌)
III.粘液嚢胞腺癌

E.手術所見、切除標本肉眼所見
I.占居部位(Lo)
II.大きさ、個数、存在範囲(H)
III.肉眼所見
 1.発育様式
 2.被膜形成(Fc)
 3.被膜浸潤(Fc-Inf)
 4.隔壁形成(Sf)
 5.漿膜浸潤(S)
 6.リンパ節転移(N)
 7.血管侵襲(V)
 8.胆管侵襲(B)
 9.腹膜播種性転移(P)
 10.切除断端の浸潤(SM)
 11.非癌部の所見

F.肝切除術
I.肝切除範囲(Hr)
II.リンパ節郭清(D)
III.癌の遺残(R)

G.局所療法

H.肝動脈カテーテル療法

I.薬物療法

J.進行度分類(Stage)
I.肝細胞癌
II.肝内胆管癌(胆管細胞癌)
参考:肝癌統合ステージング

K.肝切除術の治癒度
I.肝細胞癌
II.肝内胆管癌(胆管細胞癌)

L.肝癌治療効果判定基準
I.対象
II.記載法
III.標的結節の直接治療効果判定
IV.治療効果の総合評価
V.細則
VI.参考

M.再発肝癌

N.肝癌症例の統計的処理

第II部 病理組織学的事項

A.材料の取扱い
I.手術材料の取扱いおよび検索方法
II.剖検材料の取扱いおよび検索方法

B.肝癌の分類
I.分類の総則
II.肝細胞癌
 1.概要
 2.肉眼分類
 3.組織分類
  i.組織学的分化度
  ii.組織構造
  iii.細胞学的性状
 4.特殊型
 5.肝内転移と多中心性発生
  i.肝内転移(im)
  ii.多中心性発生
 6.被膜浸潤、血管侵襲、胆管侵襲などの記載のしかた
 7.早期肝細胞癌とその類似病変の診断基準
III.肝内胆管癌(胆管細胞癌)
 1.概要
 2.肉眼分類
 3.組織分類
  i.腺癌
  ii.特殊型
付記.胆管上皮内腫瘍性病変
 i.胆管内乳頭状腫瘍(IPNB)
 ii.胆管内上皮内腫瘍(BilIN)

IV.細胆管細胞癌
V. 粘液嚢胞腺腫・粘液嚢胞腺癌(粘液嚢胞性腫瘍:MCN)
 1. 分類
  i. 粘液嚢胞腺腫
  ii. 粘液嚢胞腺癌
 2. 付記
VI.混合型肝癌(肝細胞癌と肝内胆管癌の混合型)
VII.肝芽腫
VIII.その他

C.非癌部の組織学的所見(f)

病理写真
癌取扱い規約
診療ガイドライン
患者さんとご家族のための本
書籍分類
医学一般
基礎医学
臨床医学:一般
臨床医学:内科系
臨床医学:外科系
リハビリテーション・スポーツ医学
看護学・介護
シリーズ
教科書
フェイスブック
医書jp
M2PLUS
新常識と新城式
投稿論文システム

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ