小児アレルギーエデュケーターテキスト基礎篇

小児アレルギーエデュケーターテキスト基礎篇

 

著者名:日本小児臨床アレルギー学会 編

出版社:診断と治療社

出版年月:2018年12月


書籍 新刊

ISBNコード:9784787823540

数量

価格:¥2,750(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

改訂第3 版 刊行によせて
執筆者一覧

第Ⅰ章 アレルギーの基礎知識
 1 アレルギーの説明に必要な免疫の知識   下条 直樹
   A アレルギーとは
   B 自然免疫と獲得免疫
   C アレルギーにかかわる細胞や液性因子
 2 アレルギーの疫学   吉田 幸一
   A アレルギー疾患の発症・寛解
   B 疫学調査デザイン
   C わが国におけるアレルギー疾患有症率
   D アレルギー疾患での死亡
   E アレルギー疾患有症率の経年的変化
   F 有症率の海外との比較・国内での比較
第Ⅱ章 気管支喘息   亀田 誠
 1 病態生理と症状
   A 呼吸器の構造と機能
   B 喘息の定義と診断基準
   C 喘息のメカニズム
   D 急性増悪(発作)の強度
   E 重症度とコントロール状態
   F 合併症と鑑別診断
 2 検  査
   A スパイロメトリー
   B 気道可逆性試験
   C 気道過敏性,運動負荷試験
   D FeNO(呼気一酸化窒素濃度)測定
   E アレルゲンの検索
 3 治  療
   A 長期治療目標
   B 重症度にあわせた標準治療
   C 薬物療法
   D 吸入療法の種類と特徴
 4 悪化因子の対策
   A アレルギー的発作誘因(アレルゲン)
   B 非アレルギー的発作誘因
   C 室内環境の発作誘因への対策
   D 運動誘発喘息(exercise-induced asthma:EIA)
 5 急性増悪(発作)への対処方法
   A 急性増悪(発作)時の観察方法
   B 家庭での対応
   C 医療機関での対応
   D 急性増悪(発作)時の薬物療法
 6 発達段階別の喘息の特徴
   A 乳幼児
   B 学童期
   C 思春期
   D 成人の場合   岩永賢司,東田有智
第Ⅲ章 アトピー性皮膚炎   飯野(赤澤) 晃
 1 病態生理と症状,検査
   A 皮膚の構造と機能
   B アトピー性皮膚炎の病態
   C 症 状
   D 定義・診断基準,鑑別診断
   E 重症度評価
   F 悪化因子
   G 合併症
   H 検 査
 2 治  療
   A 原因・悪化因子の検索と対策
   B スキンケア
   C 薬物療法
 3 治療の流れ
 4 日常生活管理
 5 成人の場合   加藤 則人
第Ⅳ章 食物アレルギー 今井 孝成
 1 病態生理と症状
   A 定 義
   B 発症機序
   C 臨床型分類
   D 症 状
 2 アレルゲン食品
   A 食物アレルゲンとは
   B 医薬品などに含まれる食物アレルゲン
 3 診断と検査
   A 診断の流れ
   B 病歴の把握
   C 血液検査
   D 皮膚プリックテスト
   E 除去試験
   F 食物経口負荷試験
 4 治  療
   A 食事指導
   B アレルゲンの特徴と必要最低限の除去
   C 経口免疫療法
   D 薬物療法
第Ⅴ章 アナフィラキシー   古川 真弓,今井 孝成
 1 病態生理と症状
   A アナフィラキシーの定義と診断基準
   B 発生機序
   C 症状と重症度分類
 2 治  療
   A 誘発症状への対応
   B 治療薬
第Ⅵ章 その他のアレルギー   吉原 重美
 1 アレルギー性鼻炎
   A 定 義
   B 分 類
   C 治 療
 2 アレルギー性結膜疾患
   A 定義,分類
   B 特 徴
   C 症 状
   D 予防,セルフケア
   E 治 療
   G 合併眼疾患
 3 ラテックスアレルギー
 4 蕁麻疹
 5 アレルギー性接触皮膚炎
 6 ハチ毒によるアナフィラキシー

索  引

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ