形成外科 第62巻第3号(2019年3月号)

形成外科 第62巻第3号(2019年3月号)

眼科・形成外科の双方から見た眼瞼下垂の機能再建

 第62巻第3号

著者名:

出版社:克誠堂出版

出版年月:2019年03月


雑誌 新刊

雑誌コード:-

数量

価格:¥3,240(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

●随想「出かけてみよう,外の世界へ」 (宮脇剛司)229
●特集:眼科・形成外科の双方から見た眼瞼下垂の機能再建
企画にあたって (清川兼輔)231
眼瞼下垂の機能再建とは (村上正洋)233
眼瞼下垂症と視機能・眼瞼圧 (鄭 暁東ほか)237
眼瞼下垂手術とオキュラーサーフェス (渡辺彰英)247
先天眼瞼下垂と視機能 (根本裕次)257
眼瞼下垂手術における術式の違いによる術後惹起乱視 (野間一列ほか)268
形成外科医の考える機能面と整容面の改善を両立させた眼瞼下垂の治療 (山下 建ほか)279
解剖学的再建を前提とした腱膜性眼瞼下垂症手術 (小泉正樹)288
●連載:みんなで考えよう!足病カンファレンス<AR動画>
[case 3]足底腱膜の壊死性筋膜炎は切開線のデザインに注意する (佐藤智也)298
●連載:形成外科NEXT─次世代の本音─
多様性の時代を生きる (荒牧典子)304
●連載:教室だより北~南
(51)北里大学 形成外科・美容外科学 (杉本孝之)306
●症例
カテーテル穿刺部位から発症を繰り返し死に至ったガス壊疽の1例 (吉田智香子ほか)311
カサバッハメリット症候群を合併せず,切除のみで治癒を得たカポジ肉腫様血管内皮腫の1例 (秋本倫太郎ほか)318
Ehlers-Danlos症候群の外傷後瘢痕に対して組織拡張器を用いて治療を行った1例 (大守 誠ほか)324

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ