今どきの抗うつ薬処方   Rp.+   

今どきの抗うつ薬処方   Rp.+   

 Vol.18 No.2

著者名:三輪高市/村上 理/浜田康次/中村友喜/浅井考介/柴田奈央/岡本明大/奥田真弘/山本 巌/浅羽宏一/青島周一/桑原秀徳/山本雅洋

出版社:南山堂

出版年月:2019年04月


書籍 新刊

ISBNコード:9784525921927

数量

価格:¥1,296(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

抗うつ薬の20年史─わかったこと・かわったこと
・抗うつ薬が登場するまでの時代
・三環系および四環系抗うつ薬の時代
・SSRI,SNRIの登場
・NaSSAの登場
・抗うつ薬はうつ病・うつ状態以外にも使用されている

抗うつ薬の作用メカニズムをひも解く
1. 脳と神経のしくみと抗うつ薬
2. うつ病の病態生理と抗うつ薬の効果
3. 不安障害の病態生理と抗うつ薬の効果
4. 慢性疼痛の病態生理と抗うつ薬の効果
5. 抗うつ薬の本当の「かたち」
コラム:ハロゲン化薬剤の特徴

臨床に役立つ新規抗うつ薬のプロファイル
1. SSRI
2. SNRI
3. NaSSA

新規抗うつ薬による治療とその薬学管理
1. 投与プランの基本
2. 使い分け
3. 慢性疼痛時の抗うつ薬の使用方法
4. 新規抗うつ薬投与時にみられる周辺症状のコントロール
  ・睡眠障害 
  ・ストレス管理
  ・非薬物療法
5. 抗うつ薬の服薬指導・薬学的管理のコツ
  ・初回の服薬指導―うつの特徴を理解しポイント絞った服薬指導を
  ・急性期(〜服薬12週頃)の服薬指導―不安をやわらげ信頼関係の構築を
  ・服薬継続・維持期の服薬指導―継続服薬できるようフォローアップを

処方例から学ぶ! 新規抗うつ薬
case 1 うつ病の再燃によって抗うつ薬が再開された疾患名不明の40代男性
case 2 新規抗うつ薬を長期服用している30代女性
case 3 神経障害性疼痛に抗うつ薬を処方された50代男性

Series
・最近のコクシ
 抗うつ薬
・ハマゾン.co.jp
 万願寺・偉人クリニック
・生薬スロットでわかる漢方薬
 抑うつ状態
・エビデンスと実臨床の架け橋~臨床疑問のゆくえ~
 初めて使う抗うつ薬はどれが一番よいのでしょうか?

巻末付録
・医薬品集カスタマイズツール
 新規抗うつ薬

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ