ナースが知りたい心不全のキホン 

ナースが知りたい心不全のキホン 

         

著者名:聖マリアンナ医科大学薬理学 准教授 木田 圭亮 編著

出版社:メディカ出版

出版年月:2019年04月


書籍 新刊

ISBNコード:9784840468787

数量

価格:¥3,080(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

・はじめに
・編集・執筆者一覧

【第I章 病態・症状についてのキホン】
〔1〕そもそも心不全とは?
(1) 心不全とはどんな病気?
(2) 心不全の原因となる疾患
(3) 心臓の働きとポンプとしての役割
(4) HFrEF、HFmrEF、HFpEFって何?
(5) 心不全の疫学・予後
(6) おわりに

〔2〕急性心不全の病態とは?
(1) そもそも急性心不全とは?
(2) 急性心不全の病態で症状や身体所見、治療は異なる?

〔3〕慢性心不全の病態とは?
(1) 慢性心不全の概念
(2) 慢性心不全の予後
(3) 慢性心不全の症状
(4) 心不全の病態生理を理解しよう!
(5) 治療と管理の目標とチーム医療
(6) 慢性心不全の病態に応じた管理と介入を

〔4〕心不全の併存疾患、高齢心不全の特徴とは?
(1) 心不全はコモンディジーズ
(2) 左室駆出率の保持された心不全(HFpEF)が半数以上を占める
(3) 多種多様な併存疾患を有する
(4) 心不全に対する薬物・非薬物療法
(5) フレイルとサルコペニア
(6) 緩和ケアとアドバンス・ケア・プランニング
(7) おわりに

【第II章 検査についてのキホン】
〔1〕心不全の診断・重症度判定に必要な検査とは?
(1) 心不全で必要とされる検査とは?
(2) 右心カテーテル検査とは?
(3) 心筋生検とは?
(4) BNPまたはNT-proBNPとは?
(5) 心エコー検査とは?
(6) 左心室内同期障害とは?
(7) 運動負荷心エコー検査とは?
(8) 実際のカルテを見てみよう
(9) 検査結果を患者さんと共有してセルフケア能力向上に生かす

[コラム]心不全で使う略語/カルテに書いてある内容がわからない

【第III章 治療についてのキホン】
〔1〕心不全の治療薬の特性とは?
(1) はじめに
(2) 心不全の経過(ステージ分類)から考える安定期の薬物治療
(3) 増悪時(急性心不全)の薬物治療
(4) おわりに

〔2〕心不全の非薬物療法とは?
(1) 冠動脈ステント留置術・バイパス手術
(2) 心房細動のアブレーション(肺静脈隔離術)
(3) 陽圧呼吸療法
(4) 心臓再同期療法(CRT)
(5) カテーテルによる弁膜症治療
(6) 経皮的僧帽弁接合不全収縮システムMitraClip(R)
(7) 植込み型人工心臓・心臓移植

【第IV章 管理についてのキホン】
〔1〕ナースが知っておくべき心臓リハビリテーションとは?
(1) なぜ、心不全に心臓リハビリテーションが必要なのか?
(2) 運動療法の開始時期と早期離床
(3) 心不全に対する外来運動療法の実際
(4) 心臓リハビリテーションの一環としての心理療法
(5) 心臓リハビリテーション指導士とは?

〔2〕ナースがすべき生活指導とは?
(1) そもそも、なぜ生活指導が大切なのか?
(2) 実際にどのような生活指導を行うのか?
(3) 食事・塩分指導は実際にどのように行うのか?
(4) 水分管理/ 飲水フリーという指示は、何を指標にしているのか?
(5) 慢性心不全看護認定看護師とは?

〔3〕心不全の緩和ケアとは?
(1) はじめに
(2) 緩和ケアの役割って何?
(3) 心不全患者さんが抱える苦痛を知ろう!
(4) 緩和ケアは新時代に― 緩和ケア診療加算とガイドラインの推奨
(5) 心不全の病みの軌跡(illness trajectory)を知ろう!
(6) どのように心不全の緩和ケアを導入していったらいいのか?
(7) 心不全多職種管理と緩和ケアは統合されるべき!?
(8) 心不全の緩和ケアにおける看護師の役割
(9) おわりに

〔4〕心不全の在宅医療とは?
(1) はじめに
(2) 心不全の在宅医療の実際
(3) おわりに

[コラム]心不全をサッカーに例えてみたら、こうなった!

・索引

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ