高齢者と成人の周手術期看護3

高齢者と成人の周手術期看護3

開腹術/腹腔鏡下手術を受ける患者の看護 第3版

 第3版       

著者名:竹内登美子 編著

出版社:医歯薬出版

出版年月:2019年08月


書籍

ISBNコード:9784263239872

数量

価格:¥2,200(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

第1章 近年の医療の方向性と 周手術期看護
 1 急性期病棟における退院支援(新鞍真理子・北林正子)
  (1)医療の方向性と看護・介護
  (2)病院における退院支援
  (3)退院支援と退院調整
  (4)退院支援・退院調整の3段階
   (1)第1段階
   (2)第2段階
   (3)第3段階
  (5)退院支援の評価
   (1)モニタリング
   (2)退院支援の評価
  (6)退院支援看護師に求められる機能
 2 周術期口腔機能管理と看護(竹内登美子)
  (1)周術期口腔機能管理の概要と看護への活かし方
  (2)術前・術後の口腔ケアの目的
  (3)高齢者の健康と口腔ケア
   (1)口腔内アセスメントの要点
   (2)口腔ケアの実施
    A 生歯が全部あるいは一部残っているときのケア
    B 総義歯を用いているときのケア
   (3)口腔機能の状態
   (4)口腔ケアの効果
    PLUS ONE 口腔内リンス液(洗口液)の種類と留意点
第2章 胃切除術を受ける患者の看護
 1 基礎知識(竹内登美子・青栁寿弥・山下暢子)
  (1)胃の解剖・機能の理解
   (1)胃の位置と形状
   (2)胃の構造
    A 粘膜
    B 粘膜下層
    C 固有筋層
    D 漿膜
    PLUS ONE 胃の「手前(食道)」と「後ろ(十二指腸)」はどうなっているの?
   (3)胃の機能
  (2)胃周辺各種臓器や循環系・神経系の理解
   (1)胃周辺各種臓器
   (2)胃の循環系
    A 動脈
    B 静脈
    C リンパ管
   (3)胃の神経系
    A 交感神経
    B 副交感神経
  (3)胃癌の進行度分類と浸潤・転移・症状
   (1)胃癌の進行度分類と浸潤
   (2)胃癌の転移
   (3)胃癌の症状
  (4)術式の理解
   (1)定型手術
   (2)非定型手術
   (3)胃癌の手術の種類
    A 胃全摘術
    B 幽門側胃切除術
    C 幽門保存胃切除術(pylorus preserving gastrectomy;PPG)
    D 噴門側胃切除術
    PLUS ONE 胃内容物の逆流防止とHis角
  (5)術後の補助化学療法
    PLUS ONE 胃癌の腹腔鏡下手術とは?
 2 術後の患者理解と看護(青栁寿弥・山下暢子)
  (1)術後合併症および患者の苦痛の理解と看護
    A 術後出血
     原因/症状と治療/看護の留意点
    B 縫合不全
     原因/症状と治療/看護の留意点
    PLUS ONE 「縫合」と「吻合」って,どこが違うの?
    C 術後のイレウス(腸管麻痺)と腸閉塞
    D ダンピング症候群
     原因/症状と治療
     原因/症状と治療
    E 逆流性食道炎
     原因/症状と治療/看護の留意点
    F 術後貧血
     原因/症状と治療/看護の留意点
    PLUS ONE 似ている用語:“ドレーン“と“ドレナージ”はどう違うの?
  (2)生活状況を整えるための看護
   (1)ドレーン管理
    A ドレーンの管理技術
   (2)肺音の聴取
    A 胃切除後の肺音の聴取
    B 肺葉の位置の確認
    C 肺音の聴取法
    D 肺音の分類
   (3)離床への援助
    A 長期安静臥床にて生じやすい障害と離床
    B 離床の援助の技術
   (4)指導技術
    A 胃切除後における指導技術
    B 指導技術の4つの段階
  (3)退院へ向けての看護─食事指導を中心に─
   (1)胃切除後の退院に向けての看護
   (2)食事指導の計画立案に収集しておく情報
   (3)指導内容
    A 合併症予防のための指導
    B 栄養素およびカロリーの不足予防のための指導
   (4)指導の注意点
    PLUS ONE 認知症高齢者とのコミュニケーション法
 3 看護過程の展開(青栁寿弥・山下暢子)
  (1)事例その1(術前から術後4日目まで)
   (1)患者の概要
   (2)患者の経過
    A 入院までの経過
    B 入院から手術までの経過
    C 手術後の概要
    D 術後の経過(術直後~術後4日まで)
  (2)術後4日までのアセスメントと今後に向けての看護計画
  (3)長期/短期目標・具体策
  (4)事例その2(術後5日目以降)
    A 術後の経過(5日目以降)
  (5)アセスメント(退院前)と看護上の課題(看護診断)
  (6)退院に向けた解決目標・具体策
  (7)評価の実際
    PLUS ONE 介護保険申請のすすめ
     患者さん目線から環境を整えていますか?
第3章 腹腔鏡下結腸切除術を受ける患者の看護
 1 基礎知識(道券夕紀子・牧本奈津子・斉藤伊都子)
  (1)大腸の解剖・機能の理解
   (1)大腸の解剖
   (2)大腸の機能
    A 大腸における消化・吸収
    B 大腸の運動機能
  (2)大腸周辺の各種臓器と循環系・神経系の理解
   (1)大腸の循環系
   (2)大腸の神経系
   (3)大腸周辺の各種臓器
  (3)術式の理解
    PLUS ONE 硬膜外鎮痛薬注入法と大腸の運動促進
     大腸癌の腹腔鏡下手術について
   (1)気腹法と吊り上げ法
    A 穿刺式気腹法
    B 気腹針を用いない気腹法
    C 腹壁吊り上げ法
   (2)腹腔鏡下結腸切除術の必要物品
   (3)手術体位と器械類の配置
   (4)腹腔鏡下結腸切除術の麻酔
   (5)腹腔鏡下結腸切除術の利点と欠点
    A 腹腔鏡下結腸切除術の利点
    B 腹腔鏡下結腸切除術の欠点
    C 腹腔鏡下結腸切除術の問題点
 2 術前の患者理解と看護(道券夕紀子・牧本奈津子・斉藤伊都子)
  (1)術前の患者心理と看護の留意点
     医師が病棟で行うインフォームド・コンセント/看護の留意点
  (2)術前オリエンテーション
     目標/方法
  (3)術前の身体的準備
   (1)外来で実施された検査データ項目と看護への活用
    A 血液一般検査,血液凝固検査,血液生化学検査
    B 血液型,感染症(B型・C型肝炎,梅毒,HIV)
    C 胸部X線,呼吸機能,心電図
   (2)手術に向けての準備
    A 輸液・輸血の準備
    B 呼吸トレーニング
   (3)手術前日の準備
    A コロンクリーニング(腸管内洗浄)
     目的/方法
    B 除毛
     目的/方法
    C 臍処置
     目的/方法
    D 睡眠剤の投与
     目的
   (4)手術当日の準備
    A 前投薬(premedication)
     目的/方法
 3 術後の患者理解と看護(道券夕紀子・牧本奈津子・斉藤伊都子)
  (1)術後合併症および患者の苦痛の理解と看護
   (1)術後合併症
    A 無気肺・肺炎
     原因/症状と予防・治療
    PLUS ONE 呼吸理学療法とは?
     看護の留意点
    B 不整脈
     原因/治療/看護の留意点
    C 創感染
     原因/症状と治療/看護の留意点
    D 術後出血
     原因/治療/看護の留意点
    E 縫合不全
    F イレウス,腸閉塞
    G 肩痛,皮下気腫
     原因/症状と治療/看護の留意点
    H 腕神経叢麻痺
  (2)排便コントロールのための看護
    A 腸蠕動音の聴取
     目的/異常音
    B 温罨法
     目的/方法/留意点
    C 排泄習慣の指導
     目的/内容
    D 運動と休息
     目的/方法/留意点
    E 食事療法
     目的/内容/留意点
    F 薬物療法
     留意点
    PLUS ONE 便秘のために指圧を行っていますか?
  (3)退院に向けての看護
   (1)退院に向けて患者・家族が抱える不安・疑問と一般的な指導内容
    A 再発に対する不安
    B 退院後の食生活
    C 喫煙可能な時期,アルコール摂取の可能時期
    D 創部の消毒や保護の仕方
    E 入浴開始時期
    F 性生活の開始時期
    G 市販薬の内服
    H 社会復帰の時期
    I 旅行やスポーツの開始可能な時期
    J 受診が必要な異常症状
第4章 人工肛門造設術を受ける患者の看護
 1 基礎知識(安田智美・比嘉肖江)
  (1)腸の解剖・機能の理解
   (1)大腸の定義
   (2)大腸の区分と直腸の区分
   (3)直腸周囲の血管系
   (4)直腸周囲のリンパ管系
   (5)直腸周囲の神経系
   (6)大腸の機能
  (2)大腸癌の病態
   (1)組織学的分類
   (2)病期分類
   (3)大腸癌の臨床症状
   (4)大腸癌の検査・確定診断
    A 検診法
    B 診断法
    C 治療方針を決めるための検査
   (5)大腸癌の治療方法
    PLUS ONE CEA(癌胎児性抗原 carcinoembryonic antigen)とは?
  (3)術式の理解
   (1)内視鏡的切除術
   (2)外科的切除術
    PLUS ONE ストーマに関する語句の説明
 2 術前の患者理解と看護(安田智美・比嘉肖江)
  (1)術前アセスメント
   (1)健康認知-健康管理パターン
   (2)栄養-代謝パターン
   (3)排泄パターン
   (4)活動-運動パターン
   (5)認知-知覚パターン
   (6)自己認識-自己概念パターン
   (7)役割-関係パターン
   (8)性行動-生殖パターン
   (9)コーピング-ストレス耐性パターン
   (10)価値-信念パターン
  (2)術前の患者心理
    PLUS ONE 皮膚・排泄ケア認定看護師とは?
     パッチテストとは?
  (3)術前の身体的準備
   (1)ストーマに関するオリエンテーション
   (2)ストーマサイトマーキング(ストーマの位置決め)
     ストーマサイトマーキングの意義/ストーマ位置としての条件
   (3)一般的な術前の準備
   (4)大腸の術前処置
 3 術後の患者理解と看護(安田智美・比嘉肖江)
  (1)術後合併症および患者の苦痛の理解と看護
    A 術後出血
     術後出血のアセスメントポイント
    B 創痛
     創痛のアセスメントポイント
    C イレウス(腸管麻痺)と腸閉塞
     イレウス,腸閉塞のアセスメントポイント
    D 排尿障害
     排尿障害のアセスメントポイント
    E 縫合不全
    F 感染
     骨盤内死腔炎・創感染のアセスメントポイント
    G ボディイメージの変化
    H 性機能障害
    I ストーマ合併症
  (2)ストーマのセルフケア
    PLUS ONE 人工肛門をつくったことによる心身の変化と生活への影響
   (1)自然排便法
    A セルフケア確立のためのアセスメント
    B セルフケアのゴールの設定
    C セルフケア開始の時期
    D セルフケア指導の進め方
    E セルフケア指導を行ううえでの注意
    F 基本的なストーマケア
   (2)灌注排便法
  (3)退院に向けての看護
   (1)退院後の生活上の注意
     食事/排泄/入浴/運動やスポーツ/衣服/通学または通勤/旅行/性生活
   (2)ストーマ用品の管理方法
     入手方法/管理方法/廃棄方法
   (3)災害時の対応
     災害への備え/支援体制/緊急時ストーマ用品無料提供
   (4)患者会
   (5)社会保障制度の活用
   (6)定期受診とストーマ外来
  (4)社会資源の活用
   (1)身体障害者手帳の交付
     身体障害者手帳の申請・交付
   (2)ストーマ装具(日常生活用具)給付
     ストーマ装具(日常生活用具)給付の申請手順
   (3)医療費控除
   (4)その他
 4 看護過程の展開(安田智美)
  (1)事例
  (2)アセスメント
   (1)生理的様式
   (2)自己概念様式
   (3)役割機能様式
   (4)相互依存様式
  (3)術後の看護診断
  (4)解決目標・具体策

 ストーマの関連動画QRコード

 索引

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ