決定版阻害剤・活性化剤ハンドブック

決定版阻害剤・活性化剤ハンドブック

           

著者名:秋山 徹 河府 和義

出版社:羊土社

出版年月:2019年10月


書籍

ISBNコード:9784758120999

数量

価格:¥7,590(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

序【秋山 徹,河府和義】
本書の構成
第1章 プロテインキナーゼ関連薬剤【小山浩史,飯島幹雄,岸田昭世,菊池 章】
第2章 Gタンパク質シグナル・セカンドメッセンジャー関連薬剤【海川正人】
第3章 カルモジュリンキナーゼ関連薬剤【藪田紀一,名田茂之】
第4章 カルシウムシグナル・チャネル,神経系関連薬剤【水谷顕洋】
第5章 サイクリン依存性キナーゼ関連薬剤【川崎善博】
第6章 MAPキナーゼシグナル関連薬剤【森口徹生】
第7章 チロシンキナーゼ関連薬剤【樋口 理】
第8章 Aktキナーゼシグナル関連薬剤【藤田直也】
第9章 プロテインホスファターゼ関連薬剤【金野 祐,村田陽二】
第10章 カルシウム以外のイオンチャネル(Na,K,Clなど)関連薬剤【藪田紀一】
第11章 Notchシグナル関連薬剤【穂積勝人】
第12章 Wntシグナル関連薬剤【中村 勉】
第13章 ヘッジホッグシグナル関連薬剤【小松将之,佐々木博己】
第14章 サイトカインシグナル関連薬剤【河府和義】
第15章 ホルモン関連薬剤【河府和義】
第16章 トランスポーター,5-HTなどのGPCRs関連薬剤【藪田紀一】
第17章 エピジェネティクス関連薬剤① アセチル化・脱アセチル化【河府和義】
第18章 エピジェネティクス関連薬剤② メチル化・脱メチル化【小松将之,佐々木博己】
第19章 NF-κB転写因子関連薬剤【合田 仁,井上純一郎】
第20章 非アポトーシス細胞死関連薬剤【仁科隆史,中野裕康】
第21章 タンパク質・RNAの核―細胞質間輸送関連薬剤【宮本洋一,岡 正啓,米田悦啓】
第22章 mRNAスプライシング関連薬剤【甲斐田大輔】
第23章 カスパーゼ,プロテアソーム,グランザイムBなど関連薬剤【鎌田真司】
第24章 メタロプロテアーゼ関連薬剤【中島元夫】
第25章 COX,酸化ストレス,NO関連薬剤【川崎善博】
第26章 DNA損傷,修復関連薬剤【塩川大介】
第27章 アポトーシス関連薬剤【塩川大介】
第28章 抗生物質【塩川大介】
第29章 オートファジー関連薬剤【濱 祐太郎,森下英晃,水島 昇】
第30章 糖脂質代謝関連薬剤【浅井洋一郎,片桐秀樹】
第31章 血管新生関連薬剤【安部まゆみ】
第32章 細胞骨格・細胞分裂関連薬剤① アクチン細胞骨格系【渡邊直樹,清末優子】
第33章 細胞骨格・細胞分裂関連薬剤② 微小管骨格系【清末優子】
第34章 テロメラーゼ関連薬剤【新家一男,清宮啓之】
第35章 老化(細胞レベル・個体レベル)関連薬剤【坂本明彦,丸山光生】
第36章 糖プロセシング関連薬剤【木山亮一,新間陽一】
第37章 抗ウイルス関連薬剤【鈴江一友】
第38章 制がん剤【千葉奈津子】
第39章 免疫チェックポイント関連薬剤【山下万貴子,北野滋久】
第40章 DNAポリメラーゼ関連薬剤【水野 武,栗山磯子】
第41章 ES細胞・iPS細胞関連薬剤【川瀬栄八郎】

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ