脂質解析ハンドブック      

脂質解析ハンドブック      

         

著者名:新井 洋由 清水 孝雄 横山 信治

出版社:羊土社

出版年月:2019年10月


書籍

ISBNコード:9784758122412

数量

価格:¥7,480(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

第I部 基礎知識編
はじめに―脂質の理解と解析に向けて
1.脂質研究の魅力とリスク
2.解析を前提とした脂質の捉え方
3.脂質の物性

生体における脂質の構造と機能
4.脂肪酸
5.グリセロ脂質
6.ステロール
7.生理活性脂質(脂質メディエーター)
8.膜で働く生理活性脂質~イノシトールリン脂質,ジアシルグリセロール
9.グリセロリン脂質
10.スフィンゴリン脂質
11.スフィンゴ糖脂質
12.血漿リポタンパク質(脂質タンパク質複合粒子)

第II部 解析編
脂質の基本的な取扱い
1.脂質解析に必要な器具と保存方法

サンプルごとの取扱い・処理の違い
2.血漿・血清
3.細胞
4.臓器・組織
5.体腔液・髄液
6.尿
7.糞便サンプル~腸内細菌由来の脂溶性代謝物を捉えるためのサンプル調製法

脂質の抽出と分画
8.脂質の抽出~Folch法,Bligh-Dyer法,MTBE法,BUME法の特徴とプロトコール
9.脂質の分画

脂質を解析する技術
10.血漿脂質とリポタンパク質の測定・解析
11.質量分析
12.クロマトグラフィー(1) GC, SFC,LC,IMS
13.クロマトグラフィー(2) TLC
14.蛍光脂質
15.脂質プローブ
16.電子顕微鏡を用いた観察
17.イメージングMS
18.脂肪酸の新しい可視化技術~細胞内(蛍光X線,ラマン)とリポソーム二重膜(AFM)
19.脂質の酵素定量法
20.市販の脂質定量試薬

Technical Tips
1 「疎水性相互作用」にご用心
2 イノシトールリン脂質研究史
3 ガングリオシドの名前の付け方
4 有機溶媒の秤量の注意点
5 同定ミスについて
6 TLC実施上の注意点
7 蛍光脂質開発のパイオニア
8 細胞固定法の選択に注意!
9 タンデム結合にするとうまくいく?!
10 マイクロプレートでの反応時の注意点

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ