せん妄診療実践マニュアル    

せん妄診療実践マニュアル    

         

著者名:井上真一郎/著

出版社:羊土社

出版年月:2019年10月


書籍

ISBNコード:9784758118620

数量

価格:¥3,630(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

はじめに
基礎編
1章 せん妄対策の予備知識
①せん妄対策とは
②「せん妄」とは
③「せん妄の3因子」について
④せん妄対策は「リスクの引き算」と考える
2章 他の疾患との鑑別〜まずせん妄の可能性を考えること!
①認知症との鑑別ー見分け方と対応
②うつ病との鑑別ー見分け方と対応
③アカシジア、レストレスレッグスとの鑑別ー見分け方と対応
3章 せん妄に対する予防的介入
STEP1 準備因子で患者のせん妄リスクを評価する
①高齢
②認知症
③脳器質性疾患の既往(脳梗塞、脳出血、頭部外傷など)
④せん妄の既往
⑤アルコール多飲
STEP2 せん妄ハイリスクの場合は医療者および患者・家族で共有する
STEP3 入院時におけるせん妄発症リスクの低減
①内服中のせん妄ハイリスク薬を減量・中止する
②不眠時指示をベンゾジアゼピン受容体作動薬以外で出すようにする
③環境調整/コミュニケーション
STEP4 入院後におけるせん妄発症リスクの低減
①身体管理を行う
②ハイリスク薬の使用回避
③環境調整/コミュニケーション
④評価
4章 せん妄に対する治療的介入
1.原因療法
①原疾患の精査・治療,原因薬剤の中止
②特に注意すべき直接因子
③低活動型せん妄
2.薬物療法
①薬剤を選択する
②用量を決める
③投与時間を決める
④評価する
⑤処方内容を再調整する
3.非薬物療法
①意識障害・注意障害を考慮した対応
②急性発症・日内変動を考慮した対応
③記憶障害/見当識障害/視空間認知障害/幻覚を考慮した対応
④睡眠・覚醒リズム障害を考慮した対応
⑤感情の障害を考慮した対応
⑥その他
4.せん妄への対応で留意するべきこと
実践編
1章 術後せん妄
はじめに
STEP1 準備因子で患者の術後せん妄リスクを評価する
STEP2 術後せん妄ハイリスクの場合は医療者および患者・家族で共有する
STEP3 術前におけるせん妄発症リスクの低減
①内服中のせん妄ハイリスク薬を減量・中止する
②不眠時指示をベンゾジアゼピン受容体作動薬以外で出すようにする
③環境調整/コミュニケーション
STEP4 術後におけるせん妄発症リスクの低減
①身体管理を行う
②ハイリスク薬の使用回避
③環境調整/コミュニケーション
④評価
術後せん妄に対する治療的介入
①薬物療法
②非薬物療法(促進因子の除去)
2章 アルコール離脱せん妄
はじめに
STEP1 準備因子で患者のアルコール離脱せん妄のリスクを評価する
STEP2 アルコール離脱せん妄ハイリスクの場合は医療者および患者・家族で共有する
STEP3-① アルコール離脱せん妄以外のせん妄を防ぐ
①身体疾患の治療/合併症の精査・治療
②ハイリスク薬の使用回避
STEP3-② アルコール離脱せん妄を防ぐ
①ビタミンの補充
②予防的薬物治療
アルコール離脱せん妄に対する治療的介入
3章 緩和医療におけるせん妄
はじめに
STEP1~4 緩和医療におけるせん妄に対する予防的介入
緩和医療におけるせん妄に対する治療的介入
①可逆性・不可逆性の評価について
②可逆性せん妄
③不可逆性せん妄
付録 薬剤リスト
索引

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ