福祉は誰のために

福祉は誰のために

ソーシャルワークの未来図

 

著者名:鶴 幸一郎

出版社:へるす出版

出版年月:2019年08月


書籍

ISBNコード:9784892699832

数量

価格:¥1,320(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

Ⅰ―ソーシャルワーカーの課題と資格統合の必要性―現場から
・現場での支援実践で感じてきた不全感
・「福祉」とは何なのか
・障害者の実相
・ソーシャルワーカーの実相
・制度を作るのも変えるのも、それを活用するのも人だ
・ソーシャルワーカー資格統合の必要性―福祉の夜明けを希求する

Ⅱ―社会福祉のアップデートを目指して―ソーシャルワークのオルタナティブ論
・はじめに
・福祉専門職は当事者と一緒に貧困と闘え
・アドボカシーとは
・代行主義ばかりの社会起業と社会福祉
・アドボカシー活動と権利擁護
・ホームレス支援で出会ったおじさんたちに社会構造を教わる
・エンパワメント・権利擁護の意味―パウロ・フレイレを参考にして
・ソーシャルアクションを志向するソーシャルワークへ
・ソーシャルワークのアソシエーション論
・共助を推進する地域福祉からの転換を
・福祉専門職は「官僚制」からの脱却を―デヴィッド・グレーバーを参考にして
・まとめ

Ⅲ―ソーシャルワーカーの課題―育成(教育)から
・はじめに
・「社会福祉士及び介護福祉士法」制定前後の教育の違い
・福祉現場における実践とソーシャルワーク教育との乖離
・2000年代に入って顕著化した社会福祉士養成教育の課題
・2007年の社会福祉士養成課程の教育カリキュラム改正のメリットとデメリット
・「ソーシャルワーク専門職のグローバル定義」がソーシャルワーク教育に及ぼす影響
・地域共生社会の実現と社会福祉士制度の見直し
・ソーシャルワーク教育におけるさまざまな課題
・本章のおわりに

Ⅳ―福祉にとっての財政問題―「共同の財布」はどこへ
・なぜ財政を語るのか
・「必要」を満たす「共同の財布」
・根底にある「自己責任主義」
・自分で自分を追いつめる
・根づいた自己責任主義
・自己責任主義と給付の3側面
・隅に追いやられる「税による社会福祉」
・税も、政府も、人も嫌い
・未来を切り拓くために

Ⅴ―座談会:福祉は誰のために―ソーシャルワークの未来図
1.誰がために福祉はある
2.ソーシャルワーカーはいかにあるべきか
3.どのような教育が必要か

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ