もっと知りたい白血病治療

もっと知りたい白血病治療

患者・家族・ケアにかかわる人のために

 

著者名:宮崎 仁

出版社:医学書院

出版年月:2019年11月


書籍 新刊

ISBNコード:9784260040730

数量

価格:¥2,860(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

第1章 正常な血液の働き
 血液のなかみ(成分)について
 赤血球の働き
 白血球の働き
 血小板の働き

第2章 血液をつくる骨髄の仕組み
 骨髄という臓器はどこにあるか
 骨髄での造血の仕組み
 骨髄が枯れつきない理由
 骨髄を検査する方法

第3章 白血病とはどんな病気か
 白血病は血液細胞のがんである
 白血病にはどんなタイプがあるか
 なぜ白血病にかかるのか(白血病の原因)
 白血病を治療しないとどうなるか

第4章 白血病はどのように治すか
 白血病治療の選択肢
 抗がん剤による治療について
 白血病化学療法の進め方
 造血幹細胞移植で白血病を治す

第5章 抗がん剤による白血病治療の実際
 白血病に対する最初の攻撃~寛解導入療法~
 寛解導入療法の実際
 再発を防ぐための治療~地固め療法~
 維持療法
 抗がん剤の髄腔内投与(髄注)

第6章 抗がん剤の副作用とその対策
 抗がん剤の副作用とは
 消化器症状とその対策
 脱毛と皮膚・爪の障害
 血球減少とその対策
 口内炎とその対策
 その他の副作用

第7章 慢性骨髄性白血病(1):病気の性質を知る
 慢性骨髄性白血病とはどんな病気か
 慢性骨髄性白血病の原因
 慢性期の症状
 移行期・急性転化の症状

第8章 慢性骨髄性白血病(2):最良の治療法の選択
 チロシンキナーゼ阻害薬が有効な理由
 チロシンキナーゼ阻害薬による治療の問題点
 チロシンキナーゼ阻害薬による治療の副作用
 チロシンキナーゼ阻害薬による治療の効果判定
 チロシンキナーゼ阻害薬による治療の実際
 チロシンキナーゼ阻害薬による治療成績
 進行期(移行期/急性転化)に移行した慢性骨髄性白血病の治療
 チロシンキナーゼ阻害薬以外の治療法

第9章 造血幹細胞移植の基礎知識
 造血幹細胞移植という治療法
 生着,生着不全,GVHD,GVL効果
 提供者との相性はHLAで決まる
 造血幹細胞移植の種類
 移植する造血幹細胞のソースによる分類
 造血幹細胞の提供者による分類
 HLAの適合度による分類
 移植前処置法の強さによる分類

第10章 造血幹細胞移植の実際(1):ドナー検索から移植まで
 ドナーの検索
 移植の前に患者さんが準備すること
 移植前の不妊対策について
 骨髄採取手術の実際とリスク
 末梢血幹細胞採取の実際とリスク
 移植前処置
 移植病室(防護環境)と感染予防について
 造血幹細胞の輸注

第11章 造血幹細胞移植の実際(2):移植後の生活と問題点
 移植後の約1か月間
 移植後約1か月後から100日目前後まで
 移植後100日目以降の問題(長期的な合併症/後遺症)
 QOL(クオリティー・オブ・ライフ)とサバイバーシップ支援

第12章 特殊な白血病とその治療(1)
 急性前骨髄球性白血病
 フィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病
 成人T細胞白血病・リンパ腫(ATL)

第13章 特殊な白血病とその治療(2)
 慢性リンパ性白血病(CLL)
 骨髄異形成症候群から移行した急性骨髄性白血病
 治療関連白血病

第14章 白血病が再発したら
 再発はなぜ起こるのか
 再発を監視する方法
 再発時の病状
 再発時の化学療法の選択
 再発時に行う救援療法の実際
 再発白血病に対する新規薬剤による治療
 第2寛解となったら
 造血幹細胞移植後の再発
 QOLを重視した再発後の治療

第15章 白血病は完治するのか:治療成績とその評価について
 白血病が治るということ
 治療成績を評価する指標
 治療成績を評価することのむずかしさ
 治りやすい白血病と治りにくい白血病:予後を決める因子
 白血病は化学療法でどこまで治るか
 白血病は造血幹細胞移植でどこまで治るか
 白血病の完治をめざして:闇ではなく,光に目を向けよう!

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ