外科系医師のための臨床研究 手術を評価するアウトカム

外科系医師のための臨床研究 手術を評価するアウトカム

 

著者名:本多通孝

出版社:医学書院

出版年月:2019年07月


書籍 新刊

ISBNコード:9784260039321

数量

価格:¥3,850(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

はじめに

序章 プロローグ
 1 医者も突然患者になる
 2 外科医が理想とする手術とは何か?
 3 予測モデル研究が流行したものの
 4 アウトカム設計を深く追求しているか

第1章 アウトカムリサーチとは
 1 臨床研究におけるアウトカムの設計
 2 ペナントレースのアウトカム
 3 外科領域の臨床研究にはどんなアウトカムが用いられてきたか
 4 アウトカムを数値化する
 5 真のエンドポイントとは
 6 選好・価値による意思決定とアウトカムリサーチ
 本章のまとめ

第2章 手術を評価するPRO尺度の開発
 1 PROを用いた外科手術評価
 2 PROを用いて手術の評価ができるか
 3 尺度開発研究とは
 4 尺度開発の具体的な手順
 5 単純な概念の測定
 6 PROの観点から古典理論を見直してみる
 本章のまとめ

第3章 手術手技そのものを評価する
 1 手術の技量は評価してはならない
 2 外科治療の質を評価するSPOとは
 3 手術の技量は測定可能か
 4 Volume-Outcome Relationshipと手術の集約化
 5 手術手技を評価した研究
 6 手術を評価する尺度
 7 手術評価尺度はどのように作成されるか
 8 何をもって「コンセンサスを得た」とするのか
 9 手術のトレーニング・ラーニングカーブに関する研究
 本章のまとめ

第4章 手術を評価するQOL研究
 1 急増するQOL研究
 2 究極のアウトカム“QOL”について考える
 3 QOL測定に関する諸問題
 4 QOL研究の実例
 5 QOL研究への期待
 6 QOLと効用値
 本章のまとめ

終章 エピローグ
 おわりに
 索引
 著者紹介

column
 1 結果の見せ方①:点推定と区間推定
 2 結果の見せ方②:TableとFigure
 3 外的妥当性について
 4 主観的情報は誰が評価すべきか①
 5 主観的情報は誰が評価すべきか②
 6 主観的情報は誰が評価すべきか③
 7 ビデオ動画がない場合どうするか
 8 外科医にとってのnon-technical skillとは何か①
 9 外科医にとってのnon-technical skillとは何か②
 10 外科医も脳トレが必要
 11 包括的尺度と疾患特異的尺度とは
 12 レスポンスシフトを回避する面接式QOL調査“SEIQoL”
 13 悪性腫瘍を評価するQLQ-C30と臓器モジュール
 14 食事のQOLを評価する尺度の開発
 15 歩くことに主眼を置いた尺度があるか

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ