すぐできる!リハビリテーション統計[解析ソフト付]

すぐできる!リハビリテーション統計[解析ソフト付]

データのみかたから検定・多変量解析まで

 改訂第2版

著者名:監修: 山本澄子/谷浩明

出版社:南江堂

出版年月:2019年07月


書籍

ISBNコード:9784524246410

数量

価格:¥3,740(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

1 統計の基礎
 1.なぜ「統計」が必要なのか
 2.統計解析手法を選択する2つの手順
  何がしたいのか?
  扱うデータの尺度は何か?
  パラメトリック検定の2つのハードル
  検定手法を選択するために
 3.母集団と標本
 4.記述統計学と推測統計学
  推測統計学とバイアス
2 データの要約
 1.データの要約とは?
 2.データの視覚的要約
  視覚的要約の方法
 例題1)ドットプロットを作成する
 例題2)度数分布表とヒストグラムを作成する
  ドットプロットとヒストグラムの使い分け
 3.データの数値的要約
 例題3)基本統計量を算出する
 4.標準偏差つき棒グラフと箱ひげ図
3 2群のパラメトリック検定
 1.統計的検討とは?
  証明は否定で
  統計的検定の考え方
 2.外れ値をみつける
  グラブス・スミルノフ棄却検定を使った外れ値のみつけ方
  グラブス・スミルノフ棄却検定の仕組み
  外れ値を客観的に評価する方法
 例題1)グラブス・スミルノフ棄却検定を行う
 3.2群の差のパラメトリック検定
  2群の差の検定-検定方法の選び方-
  対応の有無
  対応のないt検定
  対応のあるt検定
 例題2)対応のあるt検定を行う
 例題3)対応のないt検定を行う
  対応のないt検定は分散の性質で使い分ける
  等分散と非等分散
4 3群のパラメトリック検定
 1.3群以上の群間に差があるかを知る方法
 2.分散分析と多重比較の意味
 3.分散分析
  主効果
  交互作用
 4.多重比較
 例題1)一元配置分散分析を行う
 例題2)一元配置分散分析反復測定を行う
 例題3)繰り返しのある二元配置分散分析を行う
 例題4)繰り返しのある二元配置分散分析反復測定を行う
5 ノンパラメトリック検定
 1.ノンパラメトリック検定とは?
 2.順序尺度の検定
 例題1)マン・ホイットニーのU検定を行う
 例題2)ウィルコクスンの符号付順位検定を行う
 例題3)クラスカル・ウォリス検定を行う
 例題4)フリードマン検定を行う
 3.名義尺度の検定:カイ2乗検定,フィッシャーの直接確率法
 例題5)カイ2乗検定の「適合度の検定」を行う
  要因が1つの場合:適合度の検定
 例題6)カイ2乗検定の「独立性の検定」を行う
  要因が2つの場合:独立性の検定,フィッシャーの直接確率法
6 相関と回帰
 1.相関と回帰
 2.相関
  相関係数
  相関分析の種類
  相関分析の注意点
 3.回帰
 例題1)相関分析を行う
 例題1-続編)回帰分析を行う
 例題2)スピアマンの順位相関係数を求める
7 多変量解析-重回帰分析とロジスティック回帰分析-
 1.多変量解析の種類
 2.重回帰分析と判別分析,ロジスティック回帰分析
 3.回帰分析と重回帰分析
 4.重回帰分析の適用例
  貢献度を調べる106..
  名義尺度をダミー変数化する
 例題1)重回帰分析を行う
  重回帰式使用上の注意点
 5.ロジスティック回帰分析の適用例
  貢献度を調べる
 例題2)ロジスティック回帰分析を行う
  重回帰分析,ロジスティック回帰分析使用上の注意点
付録 図表の作成方法
 2群のパラメトリック検定で用いる図
 3群のパラメトリック検定で用いる図
 2因子のパラメトリック検定で用いる図
 ノンパラメトリック検定で用いる図
 Microsoft Excelを用いた折れ線グラフの作図
 相関と回帰で用いる図
 多変量解析で用いる表
索引

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ