シンプルでわかりやすい薬歴・指導記録の書き方

シンプルでわかりやすい薬歴・指導記録の書き方

         

著者名:明石医療センター 薬剤科 寺沢匡史

出版社:南山堂

出版年月:2019年11月


書籍 新刊

ISBNコード:9784525706616

数量

価格:¥3,300(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

第1章 記録の書き方 ~POSとSOAPの基礎~
 臨床薬剤業務とPOS
 指導記録とSOAP
 薬剤師のアセスメント
 情報の収集
 患者の問題点の抽出
 問題解決に向けた計画
 オーディット(監査・修正)

第2章 記録の書き方 ~実践編~
 初回面談
 退院時指導の記録
 小児(親への指導)
 ハイリスク薬の指導記録
 複数の薬学的問題点へ対応
 オピオイド服用患者の指導記録
 病棟薬剤業務の記録
 短期入院患者への関わりと指導記録
 医薬品情報の情報共有
 外来化学療法における記録
 入院前の常用薬の確認と中止薬の指導
 外来患者への指導と記録

第3章 指導記録についてのQ&A 10
Q1 患者と話した「S」のまとめ方のコツを教えてほしい
Q2 話ができない患者の「S」はどのように記載するのでしょうか?
Q3 アセスメントの書き方のコツを教えてほしい
Q4 薬剤師のしたこと(行動)はどこに入れますか?「A」に入れているのですが…
Q5 SOAPを記載するときに「A/P」というようにアセスメントとプランを一緒に書いても構いませんか?
Q6 同じ処方がずっと続いているときの指導記録の記載のコツを教えてほしい
Q7 注射(点滴)のみの処方時の指導記録の記載のコツを教えてほしい
Q8 ハイリスク薬(「薬剤管理指導料1」の算定)の指導記録の記載のコツを教えてほしい
Q9 薬剤管理指導料の算定に関係のない、処方内容の確認、処方提案、他職種との会話はどのように記録を残せばいいのでしょうか?
Q10 指導記録のフォーマットに,問題点「#」を書くところがないのですがどうすればよいでしょうか?

第4章 指導記録のAudit

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ