認知症予防

認知症予防

読めば納得! 脳を守るライフスタイルの秘訣

 第3版       

著者名:山口晴保

出版社:協同医書出版社

出版年月:2020年01月


書籍 新刊

ISBNコード:9784763960351

数量

価格:¥2,200(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

第1章 はじめに─本書を正しく活用するために─
1.認知症とは
2.認知症の具体例
  2-1 アルツハイマー型認知症初期から中期にさしかかった70歳代の女性Aさん
  2-2 アルツハイマー型認知症初期の80歳代の女性Bさん
  2-3 血管性認知症初期の70歳代の女性Cさん
     ◎認知症の認知症状(中核症状)と行動・心理症状(BPSD)
3.認知症でもなく正常でもない─軽度認知障害(MCI)─
4.認知症は予防できるか
  4-1 2種類の予防法とは
  4-2 認知症の発症年齢はDNAで決まる?
  4-3 予防すると認知症になる人は減るという誤解
    Step Up! 認知症の一次予防・二次予防・三次予防
5.科学研究の成果を活かす─疫学研究、介入研究と動物実験─
    Step Up! トランスジェニックマウス
6.リスクって何?
    Step Up! 疫学研究

第2章 認知症の成り立ちを知る
1.アルツハイマー型認知症
     ◎神経細胞の不格好さ
  1-1 βタンパクの産生と重合
  1-2 βタンパクの異常蓄積
  1-3 DNAの影響
  1-4 βタンパクからタウへ
2.血管性認知症
  2-1 動脈硬化
  2-2 高血圧
  2-3 血管性認知症で壊れる脳部位と症状
    Step Up! なぜ大脳の深部白質は弱いのか
3.レビー小体型認知症
4.前頭側頭型認知症
5.高齢者では重複病変が当たり前
     ◎米国の修道女研究からわかったこと
6.脳にはよくなる力(可塑性)がある
7.包括的な取り組みが望まれる

第3章 認知症を防ごう─生活上の一工夫─
     ◎ライフスタイルが認知症の発症に大きく影響
1.食事のときの心がけ
  1-1 ポリフェノールのチカラ
     ◎試験管内実験
    1)カレーはアルツハイマー型認知症を予防する?
    2)お酒とアルツハイマー型認知症の深い関係
    Step Up! 認知症予防に適量のアルコールはどのくらい?
    3)緑茶を飲んで、野菜中心の食生活を
    4)ココアの効果
    Step Up! 万能ポリフェノール発見!
  1-2 お肉・揚げ物ばかりがよくないワケ
     ◎トランス脂肪酸
  1-3 肥満とカロリー制限
    Step Up! サーチュイン遺伝子と脳老化
  1-4 メタボ(内臓脂肪)
    Step Up! 肥満を題材にリスクの意味を考えてみよう
  1-5 糖尿病性認知症と糖尿病になりにくい食事
  1-6 野菜とビタミンは頼りになるか
    Step Up! アルツハイマー型認知症患者で不足している栄養素は?
     ◎ポパイとオリーブ
  1-7 ミネラルと金属の話
  1-8 腸内細菌と脳は緊密
  1-9 まとめに代えて―久山町研究からわかった日本人向けの認知症予防食―
    Step Up! アルツハイマー型認知症を防ぐ食事(food)とライフスタイルのガイドライン
2.運動のススメ
  2-1 運動の認知症予防効果
  2-2 具合的な運動方法
    1)筋トレ・筋力増強・持久力増強
    2)有酸素運動
    3)骨を丈夫にする運動
    Step Up! 高崎ひらめきウオーキング教室
    Step Up! 認知症になってからも運動が有効
  2-3 MCIへの運動効果
     ◎運動時 頭のけがには 要注意
  2-4 転びそうになったら運動
  2-5 運動(身体活動)の全身効果
    Step Up! フィットネス
    Step Up! 運動と活性酸素の害
     ◎活性酸素と抗酸化物質
3.ストレスとうつ
  3-1 うつで認知症リスク倍増
  3-2 ストレスホルモンの悪影響
  3-3 気長で長生き
4.睡眠と就寝前の注意点
  4-1 昼寝は短時間に
  4-2 就寝前に気をつけたいコト
    Step Up! 体内時計とメラトニン
5.喫煙について
6.よく嚙む
     ◎歯磨きの奨め
7.目と耳のお手入れ
8.生活の工夫のまとめ
  8-1 多因子介入
  8-2 WHOのガイドライン
    Step Up! ヒトは走り回るのに適したDNAをもっている

第4章 医師の処方する薬剤と認知症
1.非ステロイド系消炎鎮痛剤(NSAIDs)
2.高血圧症の治療
3.抗血小板薬
4.脂質異常症の治療
    Step Up! 高齢者のコレステロールは下げたほうがよいか?
5.抗不安薬や睡眠薬(眠剤)
6.ホルモン補充療法と大豆イソフラボン・エクオール
     ◎胃酸分泌を抑えるプロトンポンプ阻害薬は認知症を増やす?
7.開発中の根本的治療薬
    Step Up! βタンパク免疫療法

第5章 脳活性化リハビリテーションで脳老化防止
1.快刺激と褒め合い
    Step Up! ドパミンを増やそう
2.笑顔が笑顔を生む
     ◎脳は鏡
3.諦めた瞬間から脳が萎縮する
4.役割・日課をもとう
     ◎施設内の調理で認知症の人の状態が改善
5.社会的接触
     ◎家族団らんの健康効果
6.教育歴
    Step Up! 認知予備能
     ◎前頭葉を使おう
7.記憶をよくする術
     ◎記憶はよいほど不幸かも

第6章 認知症の早期発見
1.早期に出現する症状
    Step Up! 取り繕い
    Step Up! 病識低下
2.早期診断のための日常生活チェック
     ◎急激に認知機能が低下したとき……せん妄かな?
3.早期診断の秘訣
    Step Up! 他の認知症疾患の診断
  3-1 どこを受診したらよいの
  3-2 早期診断できたアルツハイマー型認知症例
4.早期治療
5.転ばぬ先の杖─事前指示書─

第7章 まとめ

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ