救急・集中治療 Vol 32 No2

救急・集中治療 Vol 32 No2

急性血液浄化法 2020-'21 —ガイドライン,スタンダード,論点そして私見—

 

著者名:特集編集:土井研人(東京大学大学院医学系研究科 救急科学)

出版社:総合医学社

出版年月:2020年06月


書籍 新刊

ISBNコード:9784883785667

数量

価格:¥9,900(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

I.急性血液浄化療法とは
・血液浄化療法の歴史
・用語と定義

II.急性血液浄化療法の原理と方法
・血液浄化療法の原理
・持続的血液浄化療法
・Sustained low-efficiency dialysis (SLED)
・血液浄化器の種類と特徴
・透析液と補充液(置換液)の組成
・血液浄化量の設定・膜の選択
・抗凝固療法
・バスキュラーアクセス
・エンドトキシン吸着
・血液吸着・血漿吸着
・血漿交換
・Plasma filtration with dialysis (PDF)の原理と方法

III.急性血液浄化療法の適応疾患・臨床場面
・急性腎障害
・敗血症・多臓器不全に合併した急性腎障害
・周術期における血液浄化療法
・慢性透析患者に合併した重症病態
・腎糸球体疾患
・急性肝不全
・急性膵炎
・急性薬物中毒
・神経疾患
・自己免疫疾患
・頭蓋内病変合併例に対する血液浄化療法
・小児に対する血液浄化療法

IV.急性血液浄化療法施行中の患者管理
・急性血液浄化療法中の呼吸循環管理
・栄養療法
・薬剤調節

V.合併症
・CRRTによる害
・感染・出血傾向・不均衡症候群

VI.最近の話題
・急性血液浄化療法の開始時期
・オンライン血液濾過透析
・新しい原理を用いた急性血液浄化療法
・災害時における急性血液浄化
・肝腎症候群の新たな診断基準

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ